交通事故の起訴率等

第0 目次

第1 危険運転致死傷罪の起訴率等
第2 業務上過失致死傷罪の起訴率等
第3 重過失致死傷罪の起訴率等
第4 自動車運転過失致死傷罪の起訴率等
第5 過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪の起訴率等
第6 過失運転致死傷罪の起訴率等
第7 無免許過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪の起訴率等
第8 無免許過失運転致死傷の起訴率等
第9 裁判員裁判

*1 データの出典は,平成28年8月31日公表の検察統計年報「5 被疑事件の罪名別起訴人員,不起訴人員及び起訴率(平成14年~平成27年)」です。
*2 「交通事故の量刑分布」も参照してください。

第1 危険運転致死傷罪の起訴率等

平成14年:起訴は311件,不起訴は7件,起訴率は97.8%
平成15年:起訴は332件,不起訴は6件,起訴率は98.2%
平成16年:起訴は316件,不起訴は9件,起訴率は97.2%
平成17年:起訴は302件,不起訴は11件,起訴率は96.5%
平成18年:起訴は378件,不起訴は10件,起訴率は97.4%
平成19年:起訴は364件,不起訴は16件,起訴率は95.8%
平成20年:起訴は233件,不起訴は27件,起訴率は89.6%
平成21年:起訴は256件,不起訴は11件,起訴率は95.9%
平成22年:起訴は230件,不起訴は28件,起訴率は89%
平成23年:起訴は212件,不起訴は28件,起訴率は88.3%
平成24年:起訴は213件,不起訴は33件,起訴率は86.6%
平成25年:起訴は204件,不起訴は20件,起訴率は91.1%
平成26年:起訴は360件,不起訴は28件,起訴率は92.8%
平成27年:起訴は433件,不起訴は66件,起訴率は86.8%
* 平成26年5月20日,自動車運転死傷行為処罰法の制定により,危険運転致死傷罪の成立範囲が広がりました。

第2 業務上過失致死傷罪の起訴率等

平成14年:起訴は10万1891件,不起訴は73万5785件,起訴率は12.2%
平成15年:起訴は9万9854件,不起訴は75万7369件,起訴率は11.6%
平成16年:起訴は9万7166件,不起訴は77万506件,起訴率は11.2%
平成17年:起訴は9万1980件,不起訴は76万6694件,起訴率は10.7%
平成18年:起訴は8万5801件,不起訴は74万2966件,起訴率は10.4%
平成19年:起訴は5万3550件,不起訴は39万853件,起訴率は12.0%
平成20年:起訴は1665件,不起訴は5980件,起訴率は21.8%
平成21年:起訴は372件,不起訴は1万2137件,起訴率は3.0%
平成22年:起訴は126件,不起訴は1119件,起訴率は10.1%
平成23年:起訴は77件,不起訴は1176件,起訴率は6.1%
平成24年:起訴は68件,不起訴は751件,起訴率は8.3%
平成25年:起訴は56件,不起訴は345件,起訴率は14.0%
平成26年:起訴は39件,不起訴は290件,起訴率は11.9%
平成27年:起訴は29件,不起訴は276件,起訴率は9.5%

第3 重過失致死傷罪の起訴率等

平成14年:起訴は49件,不起訴は1006件,起訴率は4.6%
平成15年:起訴は52件,不起訴は1275件,起訴率は3.9%
平成16年:起訴は54件,不起訴は1003件,起訴率は5.1%
平成17年:起訴は51件,不起訴は758件,起訴率は6.3%
平成18年:起訴は29件,不起訴は671件,起訴率は4.1%
平成19年:起訴は24件,不起訴は666件,起訴率は3.5%
平成20年:起訴は26件,不起訴は535件,起訴率は4.6%
平成21年:起訴は10件,不起訴は497件,起訴率は2.0%
平成22年:起訴は7件,不起訴は454件,起訴率は1.5%
平成23年:起訴は7件,不起訴は453件,起訴率は1.5%
平成24年:起訴は9件,不起訴は451件,起訴率は2.0%
平成25年:起訴は3件,不起訴は357件,起訴率は0.8%
平成26年:起訴は5件,不起訴は207件,起訴率は2.4%
平成27年:起訴は5件,不起訴は111件,起訴率は4.3%

第4 自動車運転過失致死傷罪の起訴率等

平成19年:起訴は2万3546件,不起訴は30万9472件,起訴率は7.1%
平成20年:起訴は6万8320件,不起訴は63万5019件,起訴率は9.7%
平成21年:起訴は6万7249件,不起訴は61万3989件,起訴率は9.9%
平成22年:起訴は6万4254件,不起訴は61万3936件,起訴率は9.5%
平成23年:起訴は6万366件,不起訴は59万979件,起訴率は9.3%
平成24年:起訴は5万8694件,不起訴は56万5605件,起訴率は9.4%
平成25年:起訴は5万6588件,不起訴は54万308件,起訴率は9.5%
平成26年:起訴は3万7721件,不起訴は24万5636件,起訴率は13.3%
平成27年:起訴は1606件,不起訴は2599件,起訴率は38.2%

第5 過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱の起訴率等

平成26年:起訴は45件,不起訴は4件,起訴率は91.8%
平成27年:起訴は96件,不起訴は12件,起訴率は88.9%

第6 過失運転致死傷罪の起訴率等

平成26年:起訴は1万7318件,不起訴は24万1982件,起訴率は6.7%
平成27年:起訴は5万1389件,不起訴は45万3956件,起訴率は10.2%

第7 無免許過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪の起訴率等

平成26年:起訴は6件,不起訴は0件,起訴率は100%
平成27年:起訴は6件,不起訴は0件,起訴率は100%

第8 無免許過失運転致死傷罪の起訴率等

平成26年:起訴は295件,不起訴は30件,起訴率は90.8%
平成27年:起訴は877件,不起訴は179件,起訴率は83.0%

第9 裁判員裁判

1 以下の事件は裁判員裁判の対象となります(裁判員の参加する刑事裁判に関する法律2条1項)。
① 死刑又は無期の懲役・禁錮に当たる罪に係る事件(1号)
② 法定合議事件であって,故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪にかかる事件(2号)

2 交通事故についていえば,わざと人身事故を犯した結果,人が死亡した場合,傷害致死罪又は殺人罪に該当しますし,無謀な運転をした結果,人を死亡した場合,危険運転致死罪に該当しますところ,これらの場合,裁判員裁判の対象となります。

3(1) 平成21年5月21日にスタートした裁判員裁判に関する公式の説明は,裁判員制度HPに載っています。
(2) 裁判員制度に関する非公式の説明が,裁判員制度はいらないインコのウェブ大運動HPに載っています。

4(1) 株式会社NTTデータ経営研究所は,平成29年5月22日付で,「裁判員候補者の辞退率上昇・出席率低下の原因分析業務」に関する報告書を作成しました(NTTデータHPの「「裁判員候補者の辞退率上昇・出席率低下の原因分析業務」結果の公表について」)。
(2) NTTデータの報告書は裁判員制度HPの「「裁判員候補者の辞退率上昇・出席率低下の原因分析業務」結果」に載っています。
(3) 平成28年11月1日付の契約書によれば,最高裁判所は,NTTデータ経営研究所に対し,裁判員候補者の辞退率上昇・出席率低下の原因分析業務を,1215万円で発注したみたいです。
1 相談予約の電話番号は06-6364-8525であり,交通事故及び債務整理の初回の面談相談は無料であり,相続情報公開請求等の面談相談は30分3000円(税込み)です。
   交通事故及び債務整理については,無料の電話相談もやっています。
  
2 執務時間は原則として平日の午前10時から午後7時30分までですが,事前のご予約があれば,午後8時30分まで夜間相談可能です。
 
3 弁護士山中理司(大阪弁護士会所属)については,略歴及び取扱事件弁護士費用事件ご依頼までの流れ,「〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目7番3号 冠山ビル2・3階」にある林弘法律事務所の地図を参照してください。